FC2ブログ

NPO「高齢者の音楽を考える会」のブログです。

3月24日 (日) デンマーク イン調布でシャンソンを中心とした
音楽会が開かれました。
前半はシャンソンの歌を中心に6曲歌いました。

              デンマークイン_20190324_140341

羽のついた自作の帽子を持参して「ジョリー・シャポー」では
リズミカルな動きのある曲に皆さん楽しんでくださいました。


             デンマークイン20190324_140536         デンマークイン20190324_140601

季節の合わせて「すみれの花咲く頃」からスタート。
「オー シャンゼリゼ」は途中から手拍子と
「オー シャンゼリゼ」の歌詞の部分を一緒に歌いました。
曲が終わるごとに「ブラボー」と拍手を送ってくださる音楽が
好きな方がいらっしゃいました。会場全体が和みました。

          
IMG_190324_143022.jpg

皆様、懐かしそうの口ずさんでいらっしゃいました
後半は春の歌を中心に8曲ほど楽しみました


                     デンマークイン20190324_150249
出演はKOKOの会メンバーの田中誠子と成田明美でした。
スポンサーサイト
2019.03.25 / Top↑

3月23日武蔵野市役所において、NPO補助金報告会が行われました。

2019-3-23補助金報告会3〇

KOKOの会では、「高齢者施設での幼児リトミック教室」の企画で補助金をいただき、昨年の9月から3月までの7回、
武蔵野市での高齢者施設「とらいふ」に併設されている「保育園」で2歳児のリトミック教室を行いました。

その会場では、デイサービスや居住されている高齢者の方がたがいらしてくださり、暖かく見守る中、幼児も安心してリトミックを行っていました。高齢者の方がたもご一緒に参加している雰囲気で、癒され、ニコニコしとした笑顔がとても印象的でした。

この多世代交流という難しい課題を新しい形で取り組むことができました。このような報告に、審査委員の先生方からもとても高い評価をいただきました。

    2019-3-23NPO補助金報告会1〇     助成金報告会2034088
2019.03.24 / Top↑
DSC00275.jpg

シルバーシティ石神井南館「バグパイプと連弾」のコンサートを行いました。
元エジンバラ総領事の大塚清一郎氏がいつも快くバグパイプの演奏をしてくださいます。
バグパイプはなかなかまじかで、見て,聞くことは日本ではすくないので、
皆さま興味しんしんです。

DSC00277.jpg

この衣装はエジンバラで仕立てられた本当の衣装というよりスコットランドの正装で
日本でいう羽織袴の正装だそうです。
バグパイプの歴史は大変古く、ローマ時代ローマの人がおいていった、1本のパイプを進化させ、
音程がつくようにしたものではないか、と言われています。とのことでした。

DSC00278.jpg

谷村さんと衣川さんの連弾も大変好評で、テンポの良い曲などはからだを揺り動かして楽しまれていました。

楽しいひと時でした。
2019.03.17 / Top↑
ぼかしjpg

先日シーダウォークで「奏でるクラブ」の「発表会がありました。
奏でるクラブは主にラテン曲を楽しみむクラスで高齢者施設では大変珍しいクラスです。
発表会が年2回あり、朝から練習をして、ちょっとおめかしをして、みんなおそろいのリボンをつけて
コンサートに臨みます。
会場にはたくさんの観客が詰めかけ楽しそうにリズムに合わせて体をゆすっています。
2019.03.13 / Top↑
シーダ3月小0190307_144942_convert_20190308163315

シーダウォークは河北病院の老健施設です。そこで毎月2回、ラテンのクラスがあります。
今日はその発表の会です。
朝から練習を重ね、午後1時30分よりはじまります。
その写真は次回載せますが、今日は講師の先生たちをUPします。
若い奈々子先生を中心に夏目さんが先生です。
き今日は発表会なのでたくさんの方がお手伝いくださいました。
2019.03.08 / Top↑
先月の立派なパイプオルガンのあったところは・・・
築地の本願寺です。
御坊様に「どのような時演奏なさるのですか?」と尋ねましたところ
本願寺さんでは時々一般的な音楽のコンサートをなさるそうです。
また,声明とは違う仏教音楽もあり、そのような曲を演奏なさるとのことでした。
いずれにしても、お寺にパイプアルガン!おどろきました。
2019.03.03 / Top↑