FC2ブログ

NPO「高齢者の音楽を考える会」のブログです。

DSC_0187.jpg
11月25日(金)佐野書院のボイトレの会があります。歌った後の懇親会今日のメニューです。
玉ねぎのフライ
ブロッコリーのからしマヨネーズ添え
とり手羽、大根、こんにゃくの煮物
これは大変簡単で、栄養バランスも良く、お味も良いので作り方を載せます。
大根はだしで下ゆでを15分くらいする。こんにゃくは熱湯にくぐらせる。大きさは適当(こんにゃく12等分くらいかしら)
フライパンで鳥をこんがり焼く。
すべての具材をお鍋に入れ、だし汁をひたひたより少なく入れ
【醤油3、砂糖2、みりん1酒1の割合】も一緒に入れて20分ほど煮込む、
次の日のほうが味がしみておいしい。

【今日のワインは田辺由美さん企画の特別な十勝ワイン】で
「エティデュエXYZ」で限定3000本販売された内の1本です。
十勝池田町の品種「山幸」のみを摘むのに一番最適な日を選び、手摘で、できる限りの除を取り除き3年樽で熟成させた
ものです。ビンもコルクも特別オーダーです。理事長のお父様へのオマージュワインです。
スポンサーサイト



2016.11.28 / Top↑
2016忘年会お料理1    2016忘年会お料理2


11月26日、晩秋の穏やかな午後、KOKOの会役員5人で、初めての忘年会をしました。
美味しい和食とおしゃべりで、あっという間に時間が過ぎました。
いつもは、真面目にお仕事について会議をしているので、たまには、リラックスしてお話するのも良いものです。(とはいうもの、やはり仕事の話題も出ましたけれど・・・)
日暮れの早い時期、帰路はイルミネーションが綺麗でした。


2016忘年会
2016.11.27 / Top↑
歌とワインチラシ  11月25日 新橋にあるATOM CS TOWERで「ワインと歌う夜」に行きました。
    美味しいイタリアワインとなおみさん手作りの軽食でもてなされ、和気あいあいとした雰囲気でした。
  さちこさんの心に響く声で歌うオペラのアリアを中心に、各曲についての解説を兼ねた、なおみさんの「独り芝居」が織りなす空気感とがとても良いコラボレーションでした。こういうお洒落な企画は良いですね!

2016-11-25歌とワインなおみ

2016-11-25歌とワインさちこ

2016-11-25歌とワイン


2016.11.27 / Top↑
11月21日に、今年も武蔵野市民会館で「武蔵野市いきいきセミナーの後期講座『移りゆく日本の歌』~学校で歌われなくなった唱歌~」のお話をしてきました。

唱歌の歴史と、なぜ学校で歌われなくなったかをエピソードを交えてなぞ解きをしました。
今回は、知人から頂いた「サウンガウ」(ビルマの竪琴)」のミニチュアを持参しお見せすることが出来ました。
今年の聴講生は、60代の方が多く、熱心にお話を聞いて、しっかり歌って下さいました。
私も毎回資料を確認し、このテーマの奥の深さを実感しています。

2016-11-21サウンガウ 2016-11-21いきいきセミナー1
2016-11-21いきいきセミナー成田さんと
左から ピアノ 成田   講師 渡辺   理事長 庵原
2016.11.21 / Top↑
161120_134813.jpg
KOKOの会のイラストやチラシなどを一手に引き受けてくださっている
小嶋さんは三鷹市管弦楽団でビオラ奏者として活躍していらっしゃいます。
今日は56回定期演奏会が風のホールでありました。
161120_154024.jpg
プログラムは「中央アジアの草原にて」「仮面舞踏会」「ドボルザーク交響曲第8番」と国民楽派と言われる作曲家の
作品です。難曲と思われる作品に挑戦している団員の皆様の情熱が伝わってくる演奏会でした。
「小嶋さんおめでとうございました」
2016.11.21 / Top↑
勉強会
武蔵野市法人会主催の勉強会に出席しました。野口悠紀雄先生のお話です。日本の経済の現状についての話、世界が向かう方向などについての示唆にとんだ講演でした。『1970年から今まで車、飛行機などの技術は進歩していない。1990年より情報産業は全く変った。1970年には想像さえしていなかった情報の方法になっている。いま日本は世界のトップ10に入っている企業はない。
色々な面で日本は立ち遅れてしまった。』
などなど、 音楽だけをやってきた私たちにはなじみの薄い話でしたが、その大きなうねりの中に音楽もあるということを考えさせられるじかんでした。
たまには別分野の勉強も楽しいものです。
2016.11.18 / Top↑
11月15日(火)ガーデン会館玉川上水で清水智子さんのピアノプチコンサートを聴いてきました。

セレモアセレモアプログラム
2セレモア

1セレモア

マツオカ利休作曲の「金子みすずの詩を歌う」歌謡名曲集「北上夜曲」「生きるものの歌」を伸びやかな声で弾き語りでした。
金子みすずの詩には、多くの作曲家が曲をつけていますが、今回の曲は初めてでしたが、とても美しいメロディが付いていました。また、おなじみの「北上夜曲」を6番まで歌われたり、永六輔の「生きるものの歌」をしっとりと歌われ聞き入りました。
ベーゼンドルファーでのピアノソロは、さすが、華やかなワルツを楽しみました。
演奏後のティータイムでは、参加の方や演奏者の方と楽しくお話をしてきました。
2016.11.15 / Top↑
2016-11-6ユミーズコーラス
11月6日 良いお天気に恵まれ本宿コミセン祭りがおこなわれました。
昨年はKOKOの会も参加して「武蔵野市ゆかりの音楽家」で本宿地域の方々と歌をたのしみましたが、
その時、素晴らしいコーラスを発表してくださったのが「ユミーズ」 というグループです。
今年はユミーズという名前の元になっている作曲家の作品と誰もが知っている秋の歌の発表で、
ジャズの伴奏がついていて、とっても品のいい大人の歌にアレンジされていました。
素敵な歌声をききました。
2016.11.08 / Top↑
芸術の秋。

今年は、秋が早々過ぎて冬になってしまいましたが、4日金曜日の夜に「シャンソンフェスティバルin小金井」に行ってきました。

生演奏に合わせ、プロ・アマ一堂にかいしての演奏会で楽しんできました。

       シャンソンプログラム                   シャンソン

そんな中に、KOKOの会のメンバーの田中誠子さんが出演され、シャンソン特有の表現力を持って、堂々と歌唱されました。

私達KOKOの会メンバーも5人で応援に行きました。素晴らしかったです。
2016.11.05 / Top↑