FC2ブログ

NPO「高齢者の音楽を考える会」のブログです。

2015-04-17.jpg
シニアーによるシニアーのためのミュージカル「浦島太郎」の練習が、吉祥寺南町コミセンでありました。
出演者の皆さんです。乙姫様、かめさん、今日は浦島太郎さんはお休みでした。
みんなで和気あいあい楽しみながら、やっています。

出演者募集中で~~~す。
スポンサーサイト
2015.04.17 / Top↑
2015-04-16ミュージカル小
昨年度より取り組んでいるシニアーによるシニアーのためのミュージカル「浦島太郎」
の舞台装置の画面です。高さ180センチ横はいくらでも・・という大きなビニールシート
に浦島太郎の画面を書いています。全部で6場面あります。この写真は代3場面です。
小美濃さんが一心不乱に製作にあたってくれています。
竜宮城が今日出来上がりました。
2015.04.17 / Top↑
P3140364踊り - コピー
武蔵野市制30年記念として公募され作られた「むさしの音頭」は継承者がなく、踊ることは不可能と思われました。
しかし踊り型がのこっていたので、岩淵さん(踊りの名取さん)がそれを参考に再現してくださいました。

歌は荒木茂子さんが作詞されたもので武蔵野の四季が織り込まれた楽しい音頭です。

この写真の皆さんはこれからもむさしの音頭を踊りつなごうと「すずめ会」という名前をつけ、
グループで活躍してくださいます。
2015.04.10 / Top↑
P3140353コスモと観客 (640x480)
歌いつなごう武蔵野市ゆかりの歌の続きです。

当日スイングホールは満員となり(180席)なお入場できなかったかった方たちもいらしたとかで、うれしいのと申し訳ない
気持ちがいりまじっています。

始まりはコールコスモさんによる野口雨情メドレーからです。
野口雨情さんは武蔵野市に大正13年から武蔵野市に住まわれ多くの童謡を作られました。
木の葉のお舟、春の歌、波浮の港、雨降りお月さん、シャボン玉を会場の皆様とともに歌いました。

そして権藤花代作詞のたなばたさま。
中田喜直作曲の小さい秋見つけた。
大木惇夫作詞の大地讃頌を歌ってくださいました。
2015.04.10 / Top↑