FC2ブログ

NPO「高齢者の音楽を考える会」のブログです。

2019-06-2_補助金プレゼン0114

NPO活動にたいして武蔵野市は補助金を出しています。今日はその審査会で、
武蔵野市にあるNPO11団体がプレゼンをおこないました。

KOKOの会では「多世代交流事業」の一環として「高齢者への音楽療法と子供へのリトミック」という
2つのことを両者が一緒の場所に介して行うということで、多世代交流につながるという趣旨のもと
企画をして、プレゼンをしました。

2019-06-02補助金プレゼン0122

「多世代交流」とは響きも大変良いのですが、実際の活動としてはどのようなことで
交流ができるかが大変難しいもんだいです。
KOKOの会のこの「高齢者の音楽療法と子供のリトミック」という取り合わせ
はその難しい問題の一つの解決につながるような企画です。

昨年度は武蔵野市にある特養の「とらいふ」で高齢者のための音楽療法と子供のリトミックをおこないました。
大変好評で、今年も続けてほしいとの要望があり4月より実施しています。
この取り組みを今年度は会場を2か所くらい増やしたいと思っています。
希望の施設はお申し出ください.。

201906-02補助金プレゼン0115

審査員の先生やNPO活動を行っている申請者の前でプレゼンを行うには
大変な準備がひつようです。渡辺さんがすべてやってくれ、
本日のプレゼンも落ち着いてつつがなく説明することができました。

後はこの私たちの取り組みをどう評価してもらえるか?結果をまっています。
スポンサーサイト
2019.06.02 / Top↑
無題
「佐野書院ボイストレーニングと歌の会」始まって以来、めての他支部より出演依頼がきました。
如水会多摩北支部の総会後の懇親会に出演しました。
多摩北支部は井之頭支部とはお隣の支部です。

有難いことにギャラ付きでしたが、それは昨日の練習の後すっかり飲んでしまいました。
始めに「サンタルチア」をうたいましたが、フライングも飛び出し一気に和やかなムードに
(いやいや、次回はうまくやらなければ、森先生もっと厳しくいきましょう~!)

2無題
YouTubeにもUPしている、「宇宙戦艦やまと」は今回は岡井さんがプロローグをいれてくれました。
低音のとてもすばらしい声の持ち主です。

大アクシデントも勃発!森先生の声が急に今朝より出なくなったと連絡があり、皆様楽しみにしていた「o mio babbino caro」
を聞くことができませんでした。急遽庵原がピンチヒッターで歌いましたが、森先生のまたの機会を楽しみにしています。

しかし、なぜか写真が上手くいきません。スマホの写真ですが、以前はとってもうまくいっていたのに……トホホ
写真をこれより大きくするとファイルが『大きすぎます』と 受け付けてもらえません。
文章ともこんなに行間が空いてしまいます。
新しいことについていくのが一番の難儀です~~!!!!!
2019.05.25 / Top↑
集合小DSC00396_convert_20190520001544
2019年度KOKOの会総会が開催されました。22名の会員が出席。
議題は事業報告、収支決算報告、今年度の、事業計画、予算案が審議され可決されました。
総会の決議に沿った活動を今年度は進めていきます。

山田小0368_convert_20190520001705
新たに2人の方が、高齢者音楽アドバイザーとなられアドバイザー認定書が授与されました。
新アドバイザーの山田さん

衣川さん小1_convert_20190520002024
新アドバイザーの衣川さん

高齢者施設での音楽療法をこれからもがんばります。
2019.05.20 / Top↑
suzurann _20190422_101746_convert_20190505073335
事務所近くのお宅の前にこんな小さなスズランの花壇がありました。
北海道育ちの私は嬉しくなって写真を撮りました。
スズランは北国の花・・・というより野山に自生するもので庭に植えるということが
ありませんでした。
6月ころ友達と「スズラン狩り」といって野山のでかけ、抱えきれないほどの
スズランを取ってきました。
その、香りは実にかぐわしく「スズラン香水」というのがあるほどです。
しかし、その香りには毒があり夕方~夜にそのスズランの自生のなかで寝ると
死んでしまうといわれていました。・・真偽のほどはわかりません。

大学はいると、今度は母が段ボールいっぱいのスズランを送ってくれました。
うつくしいく可憐な花です
suzurann_20190422_103731_convert_20190505075135.jpg

また、行くと今度はこんなに沢山のスズランを見つけました。
「すずらん」というロシア民謡でダークダックスが歌っていた歌があります。
(^^♪歌がでてきました。
シルバーシティ欅でこのことを話しましたら「東京でもスズランは結構咲きますよ。ずいぶん増えますよ」
と教えてくださる方がありました。・・・・今度植えてみよう!
追伸
写真が上手くはいらずやっと写真を載せることができました。
スズランを調べてみると、花言葉は「純粋」「純潔」
ヨーロッパでは「聖母マリア」の花と言われ、グレースケリー、イギリスのキャサリン妃が
結婚式のブーケとなさっていました。
英語では Lily of valley 「谷間の百合」・・・映画があったな~
2019.04.23 / Top↑
2_20190415_152521_convert_20190417101149.jpg
慶応大学OBの方たちの歌の会です。毎月第3月曜日、吉祥寺駅徒歩1分のMJSmileさんをお借りして
三鷹三田会の方たちが歌の会をたのしんでいらっしゃいます。
カラオケも楽しまれる皆様ですが、ちょっとハーモにを付けたり、イタリア語に挑戦したり
楽しい会です。
指導の先生は森先生、力いっぱい指導してくださいます。


1_20190415_150121_convert_20190417100829.jpg

女性もたくさん参加してくださり、終わった後はワインを飲んだり和気あいあいです。
今日の発見は、「鯉のぼり」という文部省唱歌を歌ったことがない方がいらしたことです。
(^^♪いいらか~の波と、雲の波~~といううたです。
ご存じでしょうか?
その女性は小学校から私立に通われたので、この歌を歌ったことがないとのこと。
私立は文部省に左右されない授業がなされたのですね。

他の一人も慶応高校の時、1年間「ベートーベンのNO5」だけを聞く授業だったと
話されたことがありました。オーケストラのスコアーを見ながらの授業だったそうで、
今でもメロディーを聞くと何楽章のどの辺の小節かが分かるとおっしゃっていました。
画一的ではないそんな授業も大切ですね。
2019.04.17 / Top↑